スモールビジネス専用Webプロデューサー toshi

ネットが苦手な個人事業主向けのWebプロデュースとワードプレスのサイト制作

出合い系をオススメする理由。

      2018/02/17

出合い系をオススメする理由

出合い系の『系』って何ですかね。語感的に“出会い”だけじゃ足りないから付けた、ただの勢いですかね。やはり90年代に一世を風靡した番組とんねるずの変なお見合い番組『ねるとん紅鯨団』が発祥ですよね。あの番組では今も通じる変な言葉がいっぱい誕生しました。「◯◯系」「ツーショット」「彼女いない歴」「〜みたいな」などなど。

 

…という訳で、本当は『系』は必要ありません。今日のテーマは、出会いです。

 

スポンサーリンク

何と出会うか?

SNSやブログなどで発信の重要性が高くなった昨今、『文章の書きかた教室』なるものがあるそうです。書き方ということは技術を教えてくれるのでしょうか。でも技術があってもつまらないものはつまらないじゃないですか。言い換えるとつまらない人の書くものはつまらないじゃないですか。

 

つまらないなどと、どの位置から言ってんだって話なんですけど、とりあえずそれは横に置かせていただきまして。

実際に会って話をしていても出会ってない人はつまらない。出会うって何と?というと。

 

新しい味。匂い。音色。人。言葉。危機。方言。噂。嘘。植物。その土地の当たり前。などなど。

なので生まれ育った場所から頑として動かなかった人は徹底的に出会いが足りないです。

 

出てくるものに違いができる

おもしろい人の簡単な見分け方は、好きな食べ物ランキングを聞いてみるとわかりやすいかもしれません。そこで「寿司」とか「ラーメン」とか「焼き肉」なんてありきたりな答えが出てくるような人は、大抵出会いが足りない人。まだ数年しか生きていない子どもと同じ感じ。

 

やっぱり技術を学ぶよりいっぱいいろんなものに出会った人の文章の方が面白いな―、と思うのです。だから机上の学びより出会いを推奨します。そして楽しませてください。

 

そうです。私はまだまだガチで出会いが足りません。すみません。

 

The following two tabs change content below.
高橋 としあき
札幌市のWeb調査官。リアルとネットを融合したサイト運営で営業をラクにします。Guitar弾きで、愛器はGibson ES-330。

 - 雑談