スモールビジネス専用Webプロデューサー toshi

ネットが苦手な個人事業主向けのWebプロデュースとワードプレスのサイト制作

『先輩』って、英語で何ていうでしょう?

      2017/10/13

英語で『先輩』って何ていうか知ってるかい。
今日は無意味な雑談。

聞くところによると、英語で先輩とか後輩とかいう語は存在しないらしい。

つまり英語圏のところではそういう概念がないということ。クメール語ではどうだか知らないけど。

 

そもそも、どなたかきちんと説明できる人いますかね、先に生まれた方が偉いという理由。え?

生まれたタイミングよりも、その後何にどんだけ時間使ったかで違いが出ませんか?え?

 

この国の人は何かってと人生経験がどうとか言ってますけど。

集団就職やUFOを全部歌って踊れるなんて経験が今を生きるうえでどう役立つのかはわかりませんけど。

 

いや完全にそれ一筋でやってきた職人ならば、そういう師弟関係ならば、圧倒的に師匠が優れた技術を持っているだろう。

そのように技術にかけた時間の濃さで上下ができるならわかる。でもそれだって単純な生まれた日って話ではない。

小中と9年間野球に打ち込んできた1年生に、高校入学から野球を始めた2年生が威張るというのが納得出来ないんだ。

 

まあもちろん人によるけれども、大ざっぱに人類を若者と老人の2つに分けると、若者と会話するほうが学べることがずっと多い。個人的には。

老人の時代に対する停滞感は凄まじい。

もちろん単純に数値による年齢ってことじゃないですよ。

 

そしてこの国におけるFAXの利用率の高さや子どものパソコン所有率などいろんな数値みせられると、日本は世界から完全に置いてかれてる感もすごい。

自分たちはゆっくりと衰退しているこの国の流れにのってるんだなぁ、と。

せっかくなので味わいましょうか、今さら焦ってもしょうがないですしね。

 

The following two tabs change content below.
高橋 としあき
札幌市のWeb調査官。リアルとネットを融合したサイト運営で営業をラクにします。Guitar弾きで、愛器はGibson ES-330。

 - 雑談