スモールビジネス専用Webプロデューサー toshi

ネットが苦手な個人事業主向けのWebプロデュースとワードプレスのサイト制作

【CSS不要】簡単にワードプレスで文字に蛍光マーカーで線を引いたみたいにする方法。

      2018/01/15

蛍光マーカーで線を引いたみたいな感じにしたい。

※注

このページで説明するのは、こういうのではなく、こういうのです。

下線を引いたものではなく、文字全体を塗ったもの

下線のタイプをお望みなら、残念ですがCSS(カスケーディング・スタイル・シート)をお使いくださいませ。

 

スポンサーリンク

あくまで、CSSがわかんない人向けの記事です

アレですよ、あくまでも、線を『引いたみたいな』感じにって言ってますからね。

実際にモニタ画面に引きたいんであれば、LAWSONでもセブン-イレブンでもファミリーマートでも、ザ・ダイソーでもCan★Doでも売られているであろう蛍光ペンを、〈ご購入→使用〉されれば問題ないと思います。

 

ここで私がご説明申し上げるのは、WordPressでエントリー(記事)を書いていて、文中で強調したい語句や文節なんかが発生した場合。

そんな時、通常は「男は黙って太字」となるケースが多いかと思いますが、品を失わない程度に装飾を施してその場に合った形でメリハリを付けるのは、読みやすさを配慮した本当の男の優しさだと思うわけです。

 

もちろんCSSを使えば細かい調整だって自由自在、文字の下の部分にだけ飾るようなオシャレな下線も引けます。

でもそんなとこに手間かけるならコンテンツの作成にいそしむべしです。なので、とにかく今回は

  • CSSを使わない
  • 文字を強調することだけ考える

という2つを守って線を引いていきたいと思います。

 

蛍光マーカー風って、どんな感じに見えるのか

参考書とかそういった受験絡みのお勉強でやった、蛍光ペンで重要な箇所に印をつけるアレです。

最近では、お勉強時に際し蛍光ペンは「勉強した気になるだけだから使うな」などと言われているようですが、ここではWordPressでエントリー(記事)内の言葉を目立たせるのが目的だから気にしなくていいです。

青が暗記に向いてるとか、そんなのも気にしなくていいです。

 

例えば、こんな感じになります。

 

黄色の場合

暑苦しい夏に目を刺激するひまわり、夜でも見やすい交通標識、油・塩・でんぷんの奇跡の出会いポテトチップス

 

青の場合

空と海なんて地球の象徴、渋谷に見せかけ港区青山、思い出すと顔も青くなる青い春

 

ピンクの場合

紅一点のモモレンジャー春の花撮るペー・パー子夫妻、ショートカクテルのピンク・レディ

 

そうです、HTML的な構造としては単に文字に背景色入れるってだけなんです。

 

このプラグイン入れてちょちょっと設定するだけ

TinyMCE Advancedという名のプラグイン。これ、本気で使えば自分で独自idやclassなども定義できてかなり楽しいプラグインなんですけど、今回はタイトルにあるようにCSSは不要というコンセプトなのでそこは割愛。

 

1. WordPressにログイン後、メニューの[プラグイン]→[新規追加]画面で[プラグインの検索]という窓にTinyMCE Advancedと打ち込み、検索する

メニューの[プラグイン]→[新規追加]画面で[プラグインの検索]という窓にTinyMCE Advancedと打ち込み、検索

新規追加

 

2.[今すぐインストール]を押す

[今すぐインストール]を押す

今すぐインストール

 

3. <プラグインを有効化>をクリック

 

4.[設定]→[TinyMCE Advanced]のエディター設定で、欲しい設定を上のバーにドラッグ&ドロップし、右上の[変更を保存]を押す

[設定]→[TinyMCE Advanced]のエディター設定で、欲しい設定を上のバーにドラッグ&ドロップし、右上の[変更を保存]を押す

エディター設定

 

5. ホラ、これで使える

エディタ

これで使える

 

言葉を強調する際には、こんなことに気をつけて

まあとにかく、ひとつのエントリー(記事)に使い過ぎないことです。最初は嬉しくてあちこちで使いたくなるかもしれませんが、ガマンしましょう。

マーカー線にかぎらず、フォントの種類も全体の色使いも、使い過ぎるとほんとゴッチャゴチャになります。

 

蜷川実花さんはいっぱい色使っててもちゃんとトータルでまとめ上げてるからいいんです。美しいんです。

我々一般人の場合は、控えめな使い方のほうが強調したいところが映えるのは確実です。

 

The following two tabs change content below.
高橋 としあき
札幌市のWeb調査官。リアルとネットを融合したサイト運営で営業をラクにします。Guitar弾きで、愛器はGibson ES-330。

 - ワードプレス 初心者向けマニュアル