スモールビジネス専用Webプロデューサー toshi

ネットが苦手な個人事業主向けのWebプロデュースとワードプレスのサイト制作

どこでもドアがついに現実化、Google EarthのVR対応開始。

      2017/12/22

Googleとしては、既にCardboard(カードボード)というHMD(ヘッドマウントディスプレイ)を使う、VR、略さずにいうところの『バーチャルリアリティ』界には、昨年の2015年あたりから参戦してるんですよね。

このCardboard(カードボード)は、ダンボール製&自分で組み立てるので、数百円〜2千円程度で手に入ります。

 

Amazon.co.jp: Cardboard: 家電&カメラ

これを覗くことで、ストリートビューについてはVRで観ることができてたんです。

 

スポンサーリンク

Google Earthでどこでも行ける

で、今回はGoogle Earthがこれに対応しまして。

Google Earth VR — Bringing the whole wide world to virtual reality

スイスのマッターホルン、ローマのコロッセウム、ネバダ州とアリゾナ州の間にあるフーバーダムなど、世界の素敵な景観を持つ観光地へ臨場感をもって望むことができます。

 

スイスのマッターホルン

スイスのマッターホルン

 

ローマのコロッセウム

ローマのコロッセウム

 

ネバダ州とアリゾナ州の間にあるフーバーダム

ネバダ州とアリゾナ州の間にあるフーバーダム

 

一生かけてもなかなか回りきれない、言ってしまえばわざわざ時間とお金をかけて行くほどでもないけど、〈ちょっと観れたら楽しそう〉レベルのところへ、交通費をかけずに出掛けていくことができるのです。

これは、いうなれば『どこでもドア』とも言えましょう。

 

どこでもドアというのは、22世紀のトーキョーで発明された、遠くの目的地を声で発しそのドアをくぐるとそこへ簡単に行けてしまうという道具です。

 

ちなみにアメリカでは Anywhere Door(エニーウェア ドア)という名前なんですよ。

このネタ、普段自分を嫌っている娘に話すと、父への態度が尊敬に転じること間違いないとのことです。

 

GoogleストリートビューとGoogleアースの違い

● Googleストリートビュー

ストリートビューは(あくまで)基本、マップの一機能的な位置付けであり、ルート検索したあとに実際の写真を見たり、建物や店の情報を調べたりなんていう現実に沿った使い方をする。

 

つまり日常っぽいリアルの様相が大きいのがストリートビュー

 

● Googleアース

アースは、衛星写真とか3Dとか、ちょっと学術的なにおいがするソフト。

ストリートも表示してくれるんだけど、も少し人間の行けないようなところも行けて、実際に行かないところをみる夢想空間って感じ。

 

つまり現実なんだけど仮想に近い風景を体験できるのがアース

したがって、VRとの親和性はアースが強めですね。

 

個人的に観たいもの

1.危険な地域

いわゆる外務省の海外安全情報で地図が真っ赤に塗られているところ。

怖いもの見たさというのではなく、単に現実を直視しておきたい。

 

2.海の中

ある部分はGoogleアースのカメラも入ってるみたいですけど、やはり人が入らないところがいい。

 

人が入れるところは、昔に作られたディープ・ブルーとかアースなんかの映画の方が美しく臨場感が強烈ですよね。

動くし音がでかいし。

 

ディープ・ブルー

 

アース

 

3.歴史モノ

これはGoogleアース関係なくVRのソフトになりますね。

歴史につきものな戦場とかではなく、江戸の街の日常とか大正中期の好景気の頃の銀座浅草とか、体験したら楽しいですよ絶対。

追記:2016/11/23

やはり考えてる人はいました。いや考えてる人はいっぱいいるけどちゃんと実行してくれるところがステキ。

 

江戸時代の街並みをVR化するプロジェクト、資金調達開始
アパトラは、以前クラウドファンディングプラットフォームのCAMPFIREで行なった「江戸の町VR化プロジェクト」の資金調達プロジェクトを米クラウドファンディングのKICKSTARTERを通じて開始したと発表した。

 

4.プロスポーツ選手の目線

これもGoogleアース関係なくVRのソフトになりますね。

でも陸上とかスキージャンプとか、ああいうスピード感はプロにしか見えない世界だから興味ありますよね。ね。

 

最後に

どうでしょうか。食指動きますかね。

いずれにせよ、VRはまだ始まったばかりに過ぎないんだけども。

 

The following two tabs change content below.
高橋 としあき
札幌市のWeb調査官。リアルとネットを融合したサイト運営で営業をラクにします。Guitar弾きで、愛器はGibson ES-330。

 - 話題になったネットのサービス