ネットが苦手な個人事業主向けのWebプロデュースとワードプレスのサイト制作

スモールビジネス専用Webプロデューサー toshi

ガジェットとか モバイル集客

Googleのモバイル検索結果から[スマホ対応]ラベルが消えたから。

更新日:

Googleのモバイル検索結果から[スマホ対応]ラベルが消えたから。

何日か前に気付きました。「あれ?ない…」と。

あるはずのものがない、と。

私は検索結果のリストをクリックした際に、そのサイトが非対応だったら即引き返す人なんで、結構目印にしてたんですよ。

久しぶりにガット・ギターを抱えたら、フレットのポジションマークが無くて一瞬戸惑うようなあの感じです。

 

ラベル廃止についてGoogleの発表

で、ちょっと調べたら出てきました。

「検索結果にMobile-Friendly[スマホ対応]というラベルを表示してサイトの携帯端末への推進をしていた米Googleが、簡素化を理由に廃止するとの方針」を、先月2016年8月23日に発表してました。

簡素化したいというのは、確かに気持ちわかるんですけどね。

ただその廃止の理由てのが、検索結果に登場するサイトの85%はすでにモバイル対応がなされてるなんていうことらしいんですよ。

 

でもこんなの、米国の話ですよね。

自分は特に仕事で普段関わってるから意識する機会が多いのかもしれないけど、体感的にはこの国の対応率は全然そんな感じないんですよね。

まだまだモバイル非対応のサイトは、地方を中心に溢れてますよ。

TOPのヘッダーにいまだFLASHが使われてたりね。

 

ラベルの有無に関わらず検索順位はもちろんモバイル対応が有利

ただラベルが表示されなくなっても、検索結果の順位には引き続きちゃんと影響あるそうです。

モバイル非対応はランキングが下がるのです。

 

4年前のYahoo!Japanの調査では、スマホ対応されていないサイトをクリックしちゃったら、45%もの人が離脱、つまり即
[戻るボタン]を押しちゃうとしています。

非対応に踵を返すのは、私以外にも半数近くいるのです。

4年前ですらそうなので、現在なら6-7割は越えてそうですね。

掲載の順位が下るだけでなく、顔見てすぐに引き返されるって切ないですよね。

 

顧客の利便性は最優先だ

というわけで、ラベルが消えるからといってスマホ対応が不要になるわけじゃもちろんありません。

なので新しく立ち上げる際はもちろん、今非対応サイトを運営中の方もさっさとリニューアルしましょうね。

 

どうか商売人の皆さま、顧客にストレスを与えませんよう。

 

The following two tabs change content below.
高橋 としあき
札幌市のWeb調査官。リアルとネットを融合したサイト運営で営業をラクにします。Guitar弾きで、愛器はGibson ES-330。

-ガジェットとか, モバイル集客

Copyright© スモールビジネス専用Webプロデューサー toshi , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.