スモールビジネス専用Webプロデューサー toshi

ネットが苦手な個人事業主向けのWebプロデュースとワードプレスのサイト制作

仮想通貨の基本─お金も、愛みたいに目に見えないものになるぞ。

      2017/12/15

仮想通貨の基本

2017年が明け、この件に関して、にわかにブロガー界隈でもザワザワし始めましたね。

 

実際に手を付ける前に、ちょっとだけ仮想通貨なるものがどんなもんなのか知っておこうかと思いませんか?

今さら「怖い」なんて時代遅れな印象を払拭するために。てか日本は相当遅れてるみたいですよ。

なわけで、やっと今年これ来るんじゃないかと思います。

 

なお以下、言葉の定義を[仮想通貨≈デジタル通貨≈暗号通貨(Crypto Currency|クリプトカレンシー)]として語ります。

 

スポンサーリンク

仮想通貨の利点

お金のことを悪くいいたくはないですよ。だけど、この断捨離だかなんだかの時代には小銭(北海道弁でいう、だら銭)って邪魔じゃないですか。正直いって。

駅の券売機、ファミリーマートや西友のレジ、コインランドリー。

 

一円単位の端数まで割り勘にこだわるような細かいヤツが嫌われるのも、つまりはめんどくさいからじゃないですか。靴の中の小石のような感覚。

というわけで、すごーくシンプルに仮想通貨の利点を、庶民に実感がある例で説明すると、

わずらわしい小銭から開放されよう。

ってことでいいかな、と思います。乱暴は承知でとりあえず。

 

実際には〈Suica〉やら〈nanaco〉やらみたいな電子マネーと呼ばれるものとは、微妙に感覚が違うんだけど、まあとりあえず。

 

仮想通貨に関する法律〈改正資金決済法〉

昨年2016年の5月、改正資金決済法などという法が成立したわけなんですけども。1年以内に施行されます。

これは、通貨の定義やら取扱の業者に関する基本的なまとめで、これでもってきちんと仮想通貨が日本国によって認められたということなのです。

 

なんでこんなのが必要かというと、学校でお勉強したとおり、お札の発行やら金融政策やらは中央銀行(日本では日銀がそれ)が仕切るものだったからです。

新規を入り込ませるためには新しい決まりを作っとかないと、カオスになるじゃないですか。つまりそういうことですね。

 

有名な仮想通貨、ビットコイン

日本では今からちょうど3年ほど前の2014年2月に、当時最大級のビットコイン交換所であった株式会社MTGOX(マウントゴックス)が破綻し、顧客のビットコインは消失しちまいました。いまだそのイメージが消えないみたいなんですけども。

 

しかし世界では、ギリシャの経済危機に引っ張られる形でおきた2013年のキプロスの経済危機(キプロスショック)のとき、ビットコインを買って資産を守った人も。

ATMで現金が枯渇するなどして、中央のお金が信用できなくなった、という結果論ですが。

 

● ↓キプロスって、ここ!

 

まあつまり、ビットコインで億万長者になってる人がいるんですね。

ビットコインそのものは、何千種類もあるデジタル通貨のひとつでしかないし、投機に利用するのは疑問ですけどね。

 

仮想通貨のセキュリティ、ブロックチェーンに関して

よくわからないからうっすら不安なのがセキュリティだと思うんですけど、ここで登場するのが今世紀最大の発明ともいわれるブロックチェーン。

今世紀ってまだ2001年にはじまったばっかりで、22世紀まであと80年以上もあるけどな。

 

で、ブロックチェーンてのは、世界中に点在するコンピュータに同じ記録を残しそれらすべてを同期するシステムのこと。

この仕組みで悪者の介在を防ぐことができます。

 

どういうことかというと、これまでは取引を一箇所で管理してたので、そこに悪者に入り込まれたら終了だった。

ところがブロックチェーンは複数で管理するので、一箇所に入られても他の多数のデータが正しければそっちが正しいと認定されるのです。

 

言葉で説明するの難しいな。

図でも描こうかな、と思ったところに動画発見。

 

下の字幕のマークをクリックすると日本語の字幕も出てくるから安心しなさい。

2分でわかるブロックチェーン

というわけで、日本でもブロックチェーン推進協会なんてのがあって、加盟企業は2016年8月17日の時点で80社になったそう。

世界全体では、ブロックチェーンの市場価値は20兆ドル(2130兆円)。なんと世界GDPの1/4。

仮想通貨ビットコイン(Bitcoin)の購入/販売所/取引所【bitFlyer】
bitFlyer(ビットフライヤー)では仮想通貨ビットコインを透明な価格で簡単に取引することができます。チャートで相場確認も可能。bitFlyerは皆様のビットコインに関するあらゆる取引をサポートし、ビットコインの普及に貢献します。

 

近い将来のお金の形

フィンテック(簡単にいうとFinance〈ファイナンス〉+Technology〈テクノロジー〉、金融+IT)は第4次産業革命らしいですよ。

お金がメールやメッセンジャーのように送信できるようになって、デジタルキャッシュが当たり前になるのかな。

手数料もゼロになるでしょうし。

 

そうなると、鳥貴族での割り勘や孫たちへのお年玉も〈モノ〉の形じゃなくなりますね。

実際、すでにスウェーデンでは小遣いは電子マネーでもらうとか。

 

そして詐欺やカツアゲ、違法な賭けマージャンなんかも難しくなるかも。

 

まとめ

  • 法もできたし、今年は仮想通貨元年になる
  • 仮想通貨について、未だに現金主義の日本は相当世界から遅れてる
  • ブロックチェーンは大発明
  • 金融のIT化が始まりました

AI の進化もそうですけど、なんだかすごく21世紀っぽくなってきました。

 

The following two tabs change content below.
高橋 としあき
札幌市のWeb調査官。リアルとネットを融合したサイト運営で営業をラクにします。Guitar弾きで、愛器はGibson ES-330。

 - ニュースネタ, 話題になったネットのサービス, 雑談