ネットが苦手な個人事業主向けのWebプロデュースとワードプレスのサイト制作

スモールビジネス専用Webプロデューサー toshi

便利なiPhoneアプリ 広告で気をつけること

どうしても予算がキツいので─広告チラシのデザインを自分で作れるWebサービス。

更新日:

広告チラシのデザインを自分で作れるWebサービス

最初に言っときますけど、あれですよ。予算があるなら絶対プロに依頼するべきですよ。

プロってのは、単に見た目を美しく仕上げられるというのではなくて、配色やパーツの比率やフォントの選び方などのきちんとした知識を駆使して、集客という目的を遂行する手助けを、色形を使って表現できる人なんですから。

たとえ最先端のシステムキッチンと調理道具(キッチンツール)を使ったところで、美味いものができるかどうかというのは、結局は人間のスキルによってしまうのです。

 

なので以下に掲載するチラシ作成ツールを利用する時は、どんなに逆さにブンブン振っても予算が出ないという場合に限り、使うことをオススメします。

 

代表的サービス3つ

Picky-Pics(ピッキーピックス)

今では標準装備となったタブブラウザの先駆であるSleipnirを開発した、日本のフェンリル株式会社のサービスです。

なので、もちろん日本語にやさしいです。

 

A4フライヤーをはじめ、名刺やFacebookのカバー写真(ヘッダーのあれ)も作れます。

 

Flep(フレップ)

PC版やAndroid版は無くて、iOS専用ぽい。

イベントタイトル/開催日/場所/開場開演/チケット代/共演者/URLを入力していき、そして背景の写真を選択すれば完成です。

 

そのできた画像というかチラシをSNSでリンクして宣伝するんですけど、これだったら普通にテキストを各SNSの投稿にベタ打ちでいいんじゃないですかね。もしくはFacebookのイベントページでいいんじゃないですかね。

どうなんですかね。

 

Canva(キャンバ)

オーストラリア発のサービスであり、〈東アジアの小国のその国でしか使えない言語〉には対応していないようです。

といっても使えないということではなく、一般的なゴシックや明朝であれば表示されます。フォントの選択肢が少ないってことですね。

 

自分が気に入ってて他にないテンプレートがあるならこれ使うのもいいかも。バナーなんかも簡単に作れそうです。

 

共通の特徴

小奇麗で、それらしいものができます。

「お金をかけずにキレイでカッコよくて満足するものができた」という効果は得られそうです。

 

でもね、自分が満足することと、それで人が集まることは別モノですからね。

どんな言葉で気を引いて、どんな思いをどんなふうに伝えるか、通常はそこだけでいっぱいいっぱいになるはず。

 

そして、大抵は見た目に凝りすぎると言葉がおろそかになるもんです。素人は特に。

 

まとめ

もちろんこれ以外にもいろいろと世に出てますので、これらで納得できなければ自分で探すがいい。

こういうツールの便利な点は、制作の手順や基本を知らない素人でも、ガイドに素直に付いていけばそれっぽい広告チラシができる、ということ。

 

ただし、もう一度言いますが、広告チラシは可能な限り制作をプロに依頼し、自分は言葉の選定にパワーを注ぐべきだと思いますよ。

予算がないならそれに合わせ発想を変えて、文字だけの手紙形式の広告チラシだってアリなんですから。

 

おまけに加えると、MSワードやパワーポイント〈PowerPoint〉で作るのだけはやめましょうね。素人感8割増になるので。

商店街の祭りの案内とかならいいですけど。

 

というわけで、反対にデザイナーは、ちゃんとマーケティングを学んでおくことが、ますます必須なのでございます。

 

The following two tabs change content below.
高橋 としあき
札幌市のWeb調査官。リアルとネットを融合したサイト運営で営業をラクにします。Guitar弾きで、愛器はGibson ES-330。

-便利なiPhoneアプリ, 広告で気をつけること

Copyright© スモールビジネス専用Webプロデューサー toshi , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.