スモールビジネス専用Webプロデューサー toshi

ネットが苦手な個人事業主向けのWebプロデュースとワードプレスのサイト制作

Facebookで女性との出会いを求めて。

      2017/10/23

hiton
【男子必読】Facebookで5000回恋人探しに失敗した男の発言が超男前 「いつか出会えると確信している」
5,000人といったら。ニトリ文化ホール収容人数の倍以上、東京国際フォーラム ホールAと同数。大変な人数です。

つまりプレドラッグ・ジョバノービックさんはばかなんだと思います。いやFacebookでナンパするならしたらいいです。それ自体をばかというのは今回よけておきます。そこじゃなく、こんだけ撃って当たらないということは、目標物と反対側の空に向けて空砲を鳴らしているんだということに気付いていないのがばかなのです。このままメッセージ送り続けた結果、もし引っかかってくる人がいても、たぶんその女性に人間並みの知能はないと思われます。

どんな文面なのかは知りませんが、この数だとたぶんコピペでしょう。コピー&ペーストでしょう。「誰でもいい、は誰にもささらない」ということわざを知らないのでしょう。

ともかく、どうしたらいいのか、を考えてみます。プレドラッグ・ジョバノービックさんのために。日本語で書いているけど。セルビア語は『こんにちは』すら何ていうのか知らないし。

さて、まずはなぜ返信しないのか想像してみます。私は男なのであくまで想像です。

またナンパか、でスルーされる

はじめまして、とかそういう「またか」って思わせるような書き出しはやめましょう。一瞬でも「あ?」とさせる変則さと、本文を読みたくなるような誘導を見出しにおいて作るべきです。相手のプロフィールをきちんと読んでいればダイレクトに訴えかけられる文言は作れるはずだ。

怪しすぎる

怪しさを取り除くには情報公開。普段の自分や思考回路を出し惜しみしないよう。そのときも自分はこうなんです、という自己主張より相手の琴線に引っかかるような内容を心がけましょう。

無視しても支障なし

返信しないと損するくらいのベネフィットを提示しましょう。「私パートナーを探してます」だと、知るか!ってなるけど自分と知り合うと「こんなに得するよ」というのを無意識のところに伝わるようにアピールすると、気がついたら…。

*****

そうです、つまりダイレクトレスポンスの広告と論法は一緒なんですよ、プレドラッグ・ジョバノービックさん。ただし、あくまで参考までに。残念ながら私はFacebookナンパの経験はありませんので。いやホントですって。

The following two tabs change content below.
高橋 としあき
札幌市のWeb調査官。リアルとネットを融合したサイト運営で営業をラクにします。Guitar弾きで、愛器はGibson ES-330。

 - SNS〈Facebook、Twitterほか〉, ニュースネタ, マーケティングって?, まずはここから