スモールビジネス専用Webプロデューサー toshi

ネットが苦手な個人事業主向けのWebプロデュースとワードプレスのサイト制作

一般人(顧客)とプロ(売り手)の間には、技術もさることながら歴然とした知識の差がある。

      2017/10/13

顧客と売り手の間にあるもの。
コピーライターは、書く前のリサーチがものすごく重要なんだと。

何かの本で読みましたが、何の本だったか全然憶えていませんが、どっかで読んだ話を、記憶の限り以下に再現してみます。

ウィスコンシン州ミルウォーキーのとあるビール(あのCM、ミュンヘン・サッポロ・ミルウォーキーのミルウォーキーですブルーワーズの本拠地です)工場を訪れた、コピーライターのナントカさん。

ビールを製造する工程で、きれいな水をどうにかしてああしてこうして(詳細はまったく憶えていません)という製法に非常に驚いた。そしてそれを書くべきだと提言するも、広告主のクライアントであるビール会社側は「そんなのどこの工場でもやってることだよ?書いたってつまんないよ?」と不思議がったとか。

だが結果、その内容を入れ込んだ広告を周知させたそこのビールは爆発的ヒットになりましたとさ。

つまりですよ、一般人(顧客)とプロ(売り手)の間には、技術もさることながら歴然とした知識の差があるわけなんです。そしてプロとして持っている知識という当たり前の事実が、顧客が信頼する理由になり、買う理由になるというわけなんです。

お医者さんをみてごらんなさい。具合の悪い原因を豊富な知識でもって見つけ出し、治療法を提供してくれるでしょう。だから先生と呼ばれ値切られないで治療費を請求できるのです。

同じです。他の業種であっても、意識して先生になってみましょう。顧客を生徒として、いろんなこと教えてあげましょう。いやもちろんエッチな意味ではなくてです。

売り手のプロとしての知識が、顧客の買いたい感情を動かすのですね。

そしてその流れをくむ話が明日へ続く。

 

The following two tabs change content below.
高橋 としあき
札幌市のWeb調査官。リアルとネットを融合したサイト運営で営業をラクにします。Guitar弾きで、愛器はGibson ES-330。

 - マーケティングって?, 広告で気をつけること