ネットが苦手な個人事業主向けのWebプロデュースとワードプレスのサイト制作

スモールビジネス専用Webプロデューサー toshi

マーケティングって? 仕事術

最新脳科学が教える、個人事業主の売上に関する悩み相談の相手。

更新日:

個人事業主の売上に関する悩み相談の相手

久しぶりにホッテントリメーカーを使ったら、またわけわからないタイトルになりました。

でも面白いなこれ、仕組みとしてはカットアップだもんね。最新脳科学とか全然関係ないけど。

 

さて。本日は、ちょっと人が抱える“悩み”というものの解剖をしてみましょう。

 

問題と悩みの違い

そもそも悩みというものは何かというと『まだ起こってないことに対して、自分で勝手に感じる不安のこと』です。

それに対し、現実に、目の前に、リアルタイムに、起こってることはこれは問題であり課題でありそして事件です。

例えば会社とかで群れてる人に問題があるならば、それはほぼ『人間』に関することですね。

 

下っ端な立場の方の場合は、セクシャルやパワーなハラスメントだったり、イジメという精神的な暴力だったり。

お偉方な立場の方の場合は、組織の人間を中心とした広義のリソースの活用だったり。

 

いずれにしても、そこまで重いのは私の腕力では持てませんので、腰やられますので、ここで語りたいのは個人で事業をされている人のご商売に関するお話です。

 

上記のような群れる人に対し、個人で事業されていて、つまり“ぼっちな人”の場合は『売上』に集約されますよね、困りごとがあるとすれば。

この場合は“悩み”です。

 

解決法がわかる人はいない

しかしだ。売上で悩む、って実は生産的ではない行為なんですよね。

だって解決法は考えたって絶対わかんないから。誰にも見えないから。

 

秋元のやすすさんも、実は売れなかった曲はあるしプロデュースに失敗したアイドルグループもいるし数字が大コケした番組もある。

Googleだって撤退させたサービスは数知れず。

こんな大層な方々も市場という大衆の動向は予測できないということです。100%はないということです。

 

占い師とかいう人は、ナントカ運だとか曖昧なもんじゃなくて、ここらへんのことを予測というか予告してほしいものです。

 

悩むのはヒマだから

で結局、解決法としては過去の成功事例・失敗事例を調べて自分に当てはまるか試す。当たるまで試し続ける。

相談相手がいるとすれば、その『結果』が相談相手といえるのではなのかと。つまり自分でやったことに対して検証していく、それが“相談”ということなんじゃないかと。

 

テスト→検証→テスト→検証の繰り返し。試す方法なんて何百とおり以上もあるでしょう。

悩むヒマなんて無くなりますよね。

 

The following two tabs change content below.
高橋 としあき
札幌市のWeb調査官。リアルとネットを融合したサイト運営で営業をラクにします。Guitar弾きで、愛器はGibson ES-330。

-マーケティングって?, 仕事術

Copyright© スモールビジネス専用Webプロデューサー toshi , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.